誰を対象にするか

商売の基本は一体あなたのお客様などんな人なのかということです。

売る相手が別れば戦略を立てることが出来ますので、ただ闇雲に商売をするだけではなかなか商売が成功するのは難しくなります。

自分のターゲットを明確にして、その戦略を立てることが出来れば商売の成功確率は何倍にも跳ね上がります。

例えばお年寄りをターゲットにする場合には、お年寄りが好みそうなサービスや接客、商品の用意をすることが出来ますので、きちんと戦略、戦術をあらかじめ明確にすることが出来、他の店舗と比べても差別化を行うことが用意になるということです。

あなたがなにも考えず万人受けするような商品販売やサービス提供をしている場合には、自分がどの年代層、男女どちらを対象にするのかをはっきりとしておくことはとても重要になります。

商売に行き詰まっている時にはこのことを頭に入れて改めてマーケティングなり経営を考えていくことは将来的にも大きなプラスになるはずです。

商売は誰にでも出来そうで非常に奥が深いものでありますので、あなた次第でいくらでも繁盛することが可能になります。

#itmasa

その他おすすめの記事