メディアを意識する

最近はSNSの浸透で情報が多岐にわたり発信されると同時に情報の受け手も

取捨選別がうまくなってきていると思います。

趣味や個人的な楽しみの範囲で情報発信する場合、特に気にする必要は

ないと思いますが、ビジネスでより反応のある情報を発信する場合は

やはり工夫が必要だと感じます。

あたりまえの事ですが、情報発信の目的、コンセプト、受け手がこの情報を

受け取る前と受け取った後、どう変わるのか、変わってもらいたいか、

メリットなどなどを考えることが重要です。

その際に、自分自身が「メディア」を持っている、「メディア」と

して活動していることを自覚すると発信の質も変わってきます。

例えば、趣味でランチの風景を毎日アップしている人に

「食レポのようにお願いします」

と言っただけで、文章や写真の撮り方まで変わるのと一緒です。

会社や事業、商品のコンセプトを決めるのが最重要であるのと

同等に情報発信のコンセプトも決めておくと今後よりよい結果につながると

思います。

そうすれば同じ業界であっても差別化につながり、

ファンも増えやすくなります。

例えば飲食店さんの場合、

味が自慢で公開してもOKなノウハウがたくさんあるのであれば

・家庭でもプロの味がだせるマル得レシピを発信する

雰囲気がとにかくよく接客自慢のお店なら

・店内のこだわりの内容や備品、スタッフの紹介、スタッフおすすめの発信

など、情報発信で差別化でき、かつ強みや雰囲気を

わかってもらうことが可能になってきます。

意識一つで変えることが可能です。

試しに取り組んでみてほしいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

#メディア

その他おすすめの記事
日本ビジネス支援機構 Masao Ito

私は生命保険の外交員の後、中小企業や個人に特化したマーケティングの分野を当時の会社でたたきこまれました。広報、PRという分野は業績アップはもちろん、自己実現のために  Read More

 

Search by Tags
まだタグはありません。

茨城県取手市白山8-12-8(コワーキングスペース・イベント交流室共用)

© 2021 日本ビジネス支援機構 伊藤まさお itmasa All Rights Reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon