地域マーケティングを考える

現在の日本は全体主義的なビジネスだけではなく、地域に根ざした地域ビジネスが注目されている時代となっています。

飲食店もその他の商店も基本的には地域のお客様が主な見込み客でありますので、当然地域のことを第一に考えた地域マーケティングを基本にしないとなかなかうまく地域で利益を上げることが難しくなってきます。

最近ではインターネットの普及により、日本全体を考えたネットビジネスが流行していますが、やはり商売の基本はネットだけに進出するだけではなく、地域という枠組みを追求するマーケティングを軸に捉えなければいけません。

地域に住んでいるのは当然地域住民ですので、地域住民が愛してくれるかわいがってくれる店舗の経営が大切で、地域から阻害された状態ですと、当然売上の方にも大きく悪影響を及ぼしてきます。

もう一度地域の枠組みをきちんと捉え直して、地域に根ざした経営マーケティングを行うことが今後中小の店舗や商店が生き残っていく重要ポイントになると考えています。

敢えて時代の波に逆らってみるのも商売繁盛の秘訣かもしれません。

#itmasa

その他おすすめの記事