貸しビル屋のおやじが考える街おこしと地方都市のこれから

2014年に入ってから、「新しい時代の幕開けだ」という声をよく耳にしますが、 この言葉は、「時代の流れが大きく変わった」ことを意味していると思います。

本書は、茨城県取手市を舞台に活動する貸しビル屋のおやじが、 これまで挑戦してきた「アート」と「街」を繋いだ記録です。

時代の流れは行政・住民・企業の「街おこし」から、 「人・街・自然をつなぐ、新しいネットワーク」が待望されています。

貸しビル屋のおやじの使命は「空間」を活用し、 コミュニケーションの場を作り出すこと、 そして「街おこしの」ムーブメントを育てることです。

空間は無限の価値を生み出す財産、貸しビル屋のおやじは、 「空間」を武器に挑戦し続けます。

未来の取手には、「アット(@)」によって新たな息吹がきっと吹き荒れ、 変化変容をもった地方都市へと成長していることでしょう。 かかる思いをまとめた書物が「貸しビル屋のおやじが考える 街おこしと地方都市のこれから」という一冊です。

※itmasa編集協力

#本

その他おすすめの記事