see plan do

以前お世話になった師匠に 教えてもらったことのひとつ。

see plan doの流れでリアルを見てから計画を 立てて行く、というものがありました。

通常はもちろん、

plan do see check~

の流れで組んでいくのが常識です。

私もがっつり学んだわけではないので 詳しく語ることが難しいですが 師匠は、

赤子を育てるのにプランから 入る人はいない、どんな状況かを肌で感じ、考え その場で最適な対応をする。

と、例えば話でよく語ってくれました。

ですので、ビジネスにおいても プランありき、ではなく、まず見る、状況分析する、感じる、 から入り、次に計画を立て進めていく手法も有効である。

多種多様な社会においてはゆくゆくはこのやり方の方が 主流になるかもしれない。

とも教えてくれました。

賛否両論ありますが今でも私はこのやり方を 参考にしています。

説明が足りないと、遅い、とかスケジューリングが できない、とか、基準がわかりにくい、とか言われて しまいますが、結果、成果に結びつきやすいので 私の中では勝手な確信を持っています。

最近でてきたビッグデータは これを法則化し数値化したものだと思います。

ですので余計に勝手な確信を持ちました(笑)

長くなりましたが参考になれば幸いです。

皆さんの願望実現の一助となることを 祈っています。

#プランニング

その他おすすめの記事
日本ビジネス支援機構 Masao Ito

私は生命保険の外交員の後、中小企業や個人に特化したマーケティングの分野を当時の会社でたたきこまれました。広報、PRという分野は業績アップはもちろん、自己実現のために  Read More

 

Search by Tags
まだタグはありません。

茨城県取手市白山8-12-8(コワーキングスペース・イベント交流室共用)

© 2021 日本ビジネス支援機構 伊藤まさお itmasa All Rights Reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon